年末調整と源泉徴収

お金に関すること, らぼ

年末調整

 

所得税。会社勤めされてる方なら毎月の給与明細から天引きという形で引かれていますよね。

これは1月1日~12月31日までの一年間、おおよその所得を想定して割り出されています。

通常はちょっと多めに計上しておき、年末に実際の所得額から過不足分を計算、確認されます。

 

 

過分に支払った差額は給与に返還されていることと思います。

また不足があれば追加で納付します。

これが年末調整。

 

結婚・出産など扶養家族が増えたり生命保険に支払った保険料などは控除の対象になります。

離婚・子供が独立した、など扶養家族が減った場合は控除がなくなりますので不足分を支払うケースもあります。

 

年末、会社から年末調整に必要な申請書が渡されると思いますので該当する控除を確認して手続きしてもらいましょう。

申請忘れがあった時には自分で確定申告を行うと取り戻す事ができます。

源泉徴収票

 

源泉徴収票は通常年末に会社から渡されるものですが、中途で退社した場合などは退職時に受け取ります。

転職した際は受け取った源泉徴収票を新しい勤め先に提出し年末調整の手続きを行ってもらいます。

 

源泉徴収票には給与所得、所得税など一年間に稼いだ金額・納めた税金が書かれています。

紛失してしまうと退職した会社に再発行してもらわなければなりません。保管には注意しましょう。

 

再就職しない場合は年が明けてから自分で確定申告を行う必要があります。

確定申告によって払いすぎていた税金の還付が受けられますので忘れないようにしましょう。

 


Also published on Medium.