夏のキャンプは楽しい♪けれど自然は時々怖い

夏のレジャーと言えば、海や川へ出かけてのキャンプやバーベキューを思い浮かべる方も多いことだろう。気の合う仲間や家族と、水辺でそんな時間を過ごすのは楽しいものだ。

だがちょっと待っていただきたい。

レジャー先での水難事故の報道が、連日の様にニュースとして報道されるシーズンでもあるのだ。特に川の上流でキャンプやテント泊をする予定なら、思い出して貰いたい遭難事例がある。

1999年8月、神奈川県山北町、玄倉川でのキャンプ中に起きた遭難事故は、日本で発生した川でのレジャー中の水難事故の中で、最も死者を出したものではないだろうか。


被災者は全部で18人。そのうち13人が死亡しているのにも関わらず、『同情に値しない』と被災者に非難の声が集中した。

私は毎年、夏のレジャーシーズンになると、必ずこの事故を思い出すのだが、それには二つの理由がある。

ひとつは、被災者(?)が救助活動のかいも虚しく、増水していく川の濁流に飲み込まれて行くシーンがリアルタイムで映像として報じられた事の衝撃。

もうひとつは、被災者(?)らの無知と、避難勧告を伝えに来た方、救助にあたった方々への暴挙・暴言である。

かいつまんでこの事故の経緯を説明していく。

1999年8月13日

被災者(?)らを含め、玄倉川の川原には、おおよそ50のテントが張られる程のレジャー客がいた。この地点より約5キロ上流には玄倉ダムがある。


横浜に勤める同じ会社の同僚、家族、婚約者などで構成された被災者(?)ら25人は、川の中洲にテントを張っていた。

夕方になり、上流にある玄倉ダムの職員が、ダムの放流により増水する旨を現地にて警告、ほとんどのレジャー客は、ここで引上げる。その後、神奈川県全域に大雨洪水注意報が発令。
被害者(?)らの内、4人は日帰りの予定だった為、帰路につく。

夜になって降水量が増加し、再びダムの管理職員が被災者(?)らに退避を勧めたが彼らはこれを拒否。

玄倉ダムは放流を始める。

この後、警察とダムの管理職員が被災者(?)らに再度退避を勧める。残っていた被災者(?)ら21人の内、3人が勧めに応じて停めていた車へ退避。残った18人に、安否確認と増水時の避難先を指示して警察官は立ち去る。

翌14日早朝。

大雨洪水注意報は警報へと変わる。


車に引き上げていた3人が、まだなんとか渡れる状況だった中洲まで行き、避難を呼びかけるが返答は無かった。

この後、玄倉ダムは本格的に放水を開始する。

警察官がテントの2m近くまで近づき声を掛けたが、反応は無かった。

8時頃、車に引き上げていた3人から119番通報。この時点で中洲に渡れない状況となっていたであろう事は想像に難くない。

8時半頃、すでにテントは流されていた。彼らは中洲に取り残される事になる。徐々に水かさを増していく濁流の中、地面に刺したビーチパラソルを支えに、ひとかたまりとなって救助を待つ18人。

悪天候の為、ヘリによる救助も出来ず、更に水かさが増して行き、レスキュー隊の必死の救助活動が続くのだが……。

11時40分。救助のかいなく、18人全員が濁流に流されていく。途中、子供1人が助け出されるが、残る17人は行方不明。

翌15日。

運良く奇跡的に岸に流れついた4人が救助される。
他の13人は29日までに全員が遺体となって下流で見つかる。

ここまでがこの遭難事故の経緯だ。

この間、被災者(?)らは避難を勧告しにきたダムの管理職員、警察官、地元の方々に対して

『俺たちは楽しんでんだよ』
『殴るぞ!』
『失せろ!』
『見張りを置くから大丈夫』
『田舎の人は他人のプライバシーを侵すのが趣味ね』
『俺たちは慣れてるから』
『田舎の人は臆病』

などと発言したそうだ。

更には悪天候の中、救助に懸命なレスキュー隊員に対し、

『早く助けろ』
『もたもたすんな』
『ヘリをよこせ』

など、自らの言動を棚に上げての、身勝手な発言。これは、音声こそ濁流に消されて聞こえないが、そのジェスチャーが映像として残されている。

はっきり言って不快な映像だが、YouTubeで『玄倉川 遭難』で検索してもらうこととして。

正直被災者より、荒天下で救助にあたった方々に同情する。

 

記憶の隅にでも留めておいていただきたいのだが、

『川原で雑草も生えていない、いかにもテントを張りやすい場所』には、それなりの理由がある!という事、そして川の中洲は増水した際、逃げ場がなく、ただ座して死を待つしかない場所であるという事。

更には、地元の方に避難を勧告されたら、素直にそれに従う、という事だ。こんな勧告をうけた場合、あなたは死と直面した状況に自身が置かれているのだと認識するべきである。
地元の人は、そこが地元であるが故、有事の際にその場所がどんな状況になるかを、あなたより熟知しているのだから。

 

被災者(?)←としたのは彼等の取った言動が、自らを死に追いやる原因となっており、自殺願望者とも思える行為だからだ。

同情の余地などない。

ちなみに、この救助活動には公費として1億円程が使われている。損害賠償に対して、遺族は罪の擦り付けあいをして1円足りとも支払っていない。


Also published on Medium.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.