日本原産の香辛料ワサビ。美味しい食べ方。

日本原産の香辛料として、スナック菓子などにも利用されることの多いワサビ。だが、やはり一番利用されるのは、刺し身を食べる時ではないだろうか。

わさびが嫌いな方は別として、刺身を食べる時、お皿の中の醤油にワサビを溶く、いわゆるわさび醤油にしてしまう方は結構いるものだ。


味の好みは人それぞれなのでそれでも構わないのだが、ワサビ本来の風味を味わいたいならこれは辞めた方が良い。

ワサビの辛さの成分は唐辛子などと異なり、揮発性があるので、醤油に溶いてしまうと風味がすぐに飛んでしまう。

ではどうすればいいかというと、ワサビを少量、刺身でくるむようにして、刺身にだけ醤油を付けて食べる。

こうする事によって、ワサビ本来の風味が生かされ、醤油の味も損なわれることもない。そして、刺身そのものの味も引き立つ。

ちなみに日本原産の香辛料であるワサビだが、チューブ入りの物はほぼ『加工わさび』。


保存性や原材料費の関係から、海外産のワサビや、ホースラディッシュと呼ばれる『西洋ワサビ』、油、香料、でんぷん、増粘多糖類などが含まれている。

飛鳥時代の史料にまでその名が記されているほど古くから日本人に親しまれている香辛料なので、生のワサビをすり下ろして利用出来る機会があったら、チューブ入りのものと比べてみるのもいいかも知れない。


Also published on Medium.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.