失業給付金

離職した後、就職する意思があり就職活動をしているのなら雇用保険から「失業給付」がもらえます。

受給日数は退職理由や雇用保険の加入期間できまります。

会社都合(解雇等)なら自己都合よりも給付日数は多くなります。

 

 

どんなとき?

 

  • いつでも働ける環境・健康状態にあり就職活動を行っているが就職出来ないとき。
  • 退職前2年間に12ヶ月以上(会社都合の場合一年間に6ヶ月以上)雇用保険に加入していて被保険者期間中一ヶ月に11日分以上の給料支払いがされていること

失業給付を受給できる期間

 

退職後手続きをしてから待機機関を経て受給開始。自己都合はさらに三ヶ月間の給付制限期間があります。

受給期間は退職日から一年と決まっていて手続きが遅れると受給出来ない時もありますので注意が必要です。

 

 

申請は?

 

ハローワークで休職申し込みと同時に離職票を提出すると受給資格が認定されます。

提出が遅れたとしても受給期間は伸びないのでなるべく早めに会社に離職票の発行をお願いしましょう。

 

 

いくら?

 

一日あたりの失業給付額は離職前6ヶ月間の賃金(賞与・残業・諸手当を含む)の合計を180で割った賃金日額の50~80%です。

退職時の年齢 雇用保険加入期間
一年未満 一年以上~五年未満 五年以上~10年未満 10年以上~20年未満 20年以上
会社都合 30歳未満 90日 90日 120日 180日
30歳以上35歳未満 180日 210日 240日
35歳以上45歳未満 240日 270日
45歳以上60歳未満 180日 240日 270日 330日
60歳以上65歳未満 150日 180日 210日 240日
自己都合 90日 120日 160日

 


Also published on Medium.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。