失業中や転職後の税金の支払い

お金に関すること, らぼ

退職後の保険・年金

 

会社を辞めると転職先が決まるまでの間、給与から天引きされていた保険料・年金は自分で収める事になります。

健康保険は国民健康保険か被扶養者となって家族の健康保険、もしくは任意継続健康保険へ。

厚生年金は国民年金へ。

健康保険は会社が保険料を半分負担してくれていますが国民健康保険は全額自己負担となる為、保険料はこれまでより増えるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

居住地の役所で退職日から14日以内に国民健康保険・国民年金へ変更の手続きが必要になります。

この際

雇用保険被保険者離職票

年金手帳

源泉徴収票

が必要になりますので、退職時にはこれらを受け取るのを忘れないようにしましょう。

 

離職票・源泉徴収票は退職日にはもらえないので郵送で。

手続きを行った後、納付期日に届く支払通知書の内容に沿って納付します。

手続きを忘れるとまとめて請求が来る事があるので手続きは期限内に済ませましょう。

退職後、次の就職先がなかなか見つからない。。収入が少なくて国民年金が支払えない・・・そんな場合は未納のままにしないで雇用保険の離職票や所得を証明できる書類を持参して市区町村役所の年金課窓口へ。

前年度の所得が低い・無職であるなど、国民年金保険料の支払いを免除される場合もあります。

免除期間中は未納とはみなされませんが将来的にもらえる年金額が少なくなります。

 

住民税の手続き

 

住民税も忘れてはいけないもののひとつ。

給与から天引きで納付されている場合、退職後は自分で支払わなくてはいけません。

退職前に年内の残りの住民税をまとめて支払うこともできるので在職中に相談してみましょう。

住民税は前年度の所得に対して課税額が決まります。収入が無くなっても納税の必要があります。

金銭的に余裕がある場合は住民税を先払いすることもできます。

もし年度の途中で引越ししても1月1日に居住していた市区町村への納付となります。

 

 


Also published on Medium.