東映映画のオープニングに登場する場所ってどこ? – ことよみ-kotoyomi-

東映映画のオープニングに登場する場所ってどこ?

映画を見るとき、冒頭の部分に各映画制作会社のロゴなどが、音楽と共に流れてくる。

例えば角川は鳳凰をモチーフとしたマークだし、東宝は放射状に広がる光といった具合だ。

東映映画は岩場に荒波が押し寄せてくるシーンだが、この場所はどこなのだろう。


あのお馴染みのシーン、実は「荒磯に波」というタイトルが付いている。撮影場所は千葉県の犬吠埼。

東映は1951年、東京映画配給が東横映画と大泉映画を吸収合併する形で発足したもの。

あの波のシーンにはちゃんと意味するところがある。
3つの岩は3社の団結を、荒々しい波は力強い文化を、それぞれ象徴しているのだ。

「荒磯に波」は1955年に登場し、犬吠埼のシーンは1957年「旗本退屈男・謎の蛇姫屋敷」から使われ続けている。


Also published on Medium.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.