雷の多い年は豊作、その根拠は?

地元の〇〇山に雪が降ったら平地でも近いうちに雪が降る、ツバメが低く飛んだら雨が降る、など昔から言い伝えられている事というのはそれなりの根拠や経験の積み重ねによって後世に伝えられている事が多い。

「雷の多い年は豊作になる」というのもそんなものの1つだ。

植物も動物も、たんぱく質でつくられているが、植物の場合、動物と違ってたんぱく質を自ら作りだしている。


植物がたんぱく質を作り出すためには窒素が必要となる。大気中の成分は8割が窒素で残りの2割はほぼ酸素だ。だが、空気中にある窒素をそのまま取り入れることができない。他のものと結合して化合物にならなければならないのだ。

ここで雷の登場である。

雷の放電は窒素と酸素に化学変化を起こさせ、窒素酸化物を作りそれが雨に溶けて地面に降る。


この窒素酸化物は植物に肥料として与える窒素系のものと同じ。いわば天然の肥料だ。

人にとっては恐ろしいと感じるカミナリも、植物の育成にとっては必要なものなのだ。


Also published on Medium.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください