雷。その威力はどれくらい?

地球・宇宙, 雑学

どんよりと重そうで黒い雲が広がったと思ったら

「ピカ!!ゴロゴロ!!」

ついでにポツポツと雨が降り始めてバケツをひっくり返した様な雨・・・。


こんな体験は誰しも体験した事があると思う。

気温の高い夏場は空気中に水蒸気が多く含まれ、積乱雲が発達、プラス・マイナスの電気を持った静電気が発生しやすくなる。

これが雷の発生する元。

雲を作っている小さな氷の粒とくっついたプラスの電気は雲の上の方に、大きな粒とくっついたマイナスの電気は下の方に行く。そして雲の中や雲と地面との間で放電現象が起こる。これが雷。

 

家庭用の電圧が100ボルトなのはご存知と思うが、雷の電圧は?約1億ボルト。電圧にして100万倍になる。

発生した雷を利用できないか?とは誰しもが考える所だが1000/1秒という極短い時間に発生するものなので、貯めておくのは非常に難しい。

もしこの電気、うまく利用できるなら1日に使用する電力の50件分に相当する。

 


Also published on Medium.