よく聞くマイナスイオン。どんな効果があるの?

『マイナスイオンが身体にいい』と良く聞くがこのマイナスイオン、一体どの様に身体に良いのだろう。また、滝の近くや高原などにあるという、大気中のマイナスイオンとは何なのか。

空気中には大小さまざまな浮遊物質が含まれ、その中で帯電しているものがイオン。

プラスイオンとマイナスイオンは、どの場所でも同じだけあるわけではなく、高原や滝ではマイナスイオンの方が多い。
滝などの水場では、水の粒子がしぶきとなって飛散し、マイナスイオンになる。


では、なぜマイナス·イオンが体に良いのかというと、空気中のイオンが自律神経に作用するからだ。

自律神経には、交感神経と副交感神経の二種類があるが、プラスイオンは交感神経を刺激し、マイナス·イオンは副交感神経を刺激する。

交感神経は心臓の動悸を速めたり血管を収縮させ、体を興奮した状態にさせるのだが、副交感神経はそれとは逆に、心臓の活動を抑制し、リラックスした状態にする。

つまりマイナスイオンには、心身をゆったりした気分にするリラクゼーション効果があるのだ。


Also published on Medium.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください