テニスの得点って良くわかんねぇ。なんであんな数え方なんだ?教えて、ぎんときくん

やあ、みんなのアイドルぎんときくんだよ。今日はテニスの得点の数え方、15、30、40ってやつに関しての雑学だ。


ぎんとき、あんた言ってて恥ずかしくないの?なにそのアイドルって。馬鹿なの?死ぬの?

皆さんご存知の様にテニスの点数計算って【0】をラブ、それから15、30、40って数えて行きますよね。15点ずつ加算されていくはずなので30の次は45でいいような気がしませんか?

このポイントの数え方、どうやら『六分儀』を元とした数え方の様なんです。『六分儀』っていうのは天体の星の位置を測る方法で観測用の道具もあります。船乗りさんなんかが使ってました。

360度の円を六個に分けてひとつの単位にするので『六分儀』も円の六分の一の形なんです。

テニスの試合、昔は6セットマッチだったんです。360÷6セットなので一セットは60度、その4分の1が1ゲームだったので

60÷4で15。

15、30、45って数えてたのがポイントの単位になったみたいですよ。

 

 

ぎんときくん

なんで45じゃなくて40かって言うとだな。

45を英語で言うと『forty-five』って感じで長くなんじゃん?だから『forty』に省略されたんじゃねえかって言われてんだ。

 

テニスの点数の数え方には色々説がある。概ねヨーロッパじゃ60進法が一般的だったからって説が有力だ。

ぎんときくん

時計も60分で1時間だしな。貨幣の単位だって60進法だったんだからテニスのカウントだって60進法だとしてもおかしくはないな。

 

0(ぜろ)を『ラブ』って呼ぶのは、フランス語の『レフ』が訛ったものって言われてるの。0と卵、形が似てるものね。

『ラブ』って、「何もない」って意味があったからとも言われてるけどはっきりした事は分かってないの。

 

真坂ぁ?なにアイドル臭出しちゃってますかぁ?恥ずかしくないんですかぁ?

 

うっさいなぁ。後悔してるわよ!!!だまれ!

 


Also published on Medium.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。