重さの単位。t(トン)。その呼び方はどっから?意外にふざけたその由来。

言葉, 雑学

ぎんときくん

やあ、みんなのアイドル『ぎんときくん』だ。分かっちゃいると思うが雑学の時間だ。今日の雑学は重さの単位、『トン』の由来だ。

砂緒ちゃん

ど、どうしちゃったんですか!!!ぎんときくん!珍しく今日はやる気じゃないですか!( ゚д゚)ハッ!北からアレが飛んで来たからですか!それとも地球滅亡の前触れですか!そうなんですか!

☆彡☆彡
☆彡☆彡
☆彡☆彡
☆彡

ぎんときくん

失礼な奴だ(・・;)。まあいい。

(´・ω・`)
(´・ω・`)
(´・ω・`)
(´・ω・`)

重量を表す単位にトンって奴がある。1000キロ=1トン。15世紀、フランスからイギリスにワインを運ぶ船があったんだ。そいつにどんだけ酒樽を積めるかっていうのを表す為に使われたのが『トン』の起源だって言われてる。
要は酒樽の数だ。酒樽を叩くと『とん』って音がするだろ?それがそのまま重量の単位になったって訳だ。

 

真坂さん

えらそーに。ちょっと物知りだからって威張っちゃってるね。ぎんときくん。

ぎんときくん

平伏せ、そんで崇めろ。この酒樽に詰め込めたワインは約1016キロ、当時は2240ポンドだ。

1875年国際度量衡委員会で質量1000キロ=1トンが採択された。

船の大きさを示すのに同じく『トン』が使われるがこいつは質量じゃない。体積を表してる。

真坂さん

日本でも和船の積載量を「何千石」って「石」で表してたのよね。お米の体積に基づいて付けられた単位だけど「トン」と同じような感じで使われてたってのが面白いわよね。ぎんときくん?私だってこれぐらいは知ってんのよ。

ぎんときくん

真坂、うっせぇ。調子乗んな、タニシ食わすぞ。

真坂さん

あんたが食べればいいでしょ。

前回登場した謎の美少女は本当に出ないのか!!次号に続く。


Also published on Medium.