タルト・タタンはステファニー姉ちゃんの失敗から生まれた。

街の洋菓子屋さんに入ると多くのケーキやパイがショーケースの中に並んでいる。季節のフルーツをふんだんに使った洋菓子は見た目にも美しくどれも美味しそうで、購入するのにもついつい目移りしてなかなか決められない、なんて事もよくある事だ。

そんなフルーツを使った洋菓子の中にタルト・タタンがある。タルト生地の上に炒めたリンゴが乗った焼き菓子なのだが、これは元々アップルパイの失敗作として誕生した。

1800年代後半、ステファニーとカロリーヌというタタン姉妹はホテル「タタン」を経営していた。


ある日、調理担当の姉であるステファニーがアップルパイを作るつもりでリンゴをバターと砂糖で炒めていた。

だが長く炒め過ぎた為か、なにやら焦げる様な匂いがしてきた。アップルパイとしては失敗である。

ここでステファニー姉ちゃんは考えた。


「なんとかこの失敗を取り返して材料を無駄にしない方法はないか?」

なんとなくこげ臭くなったリンゴ炒めの上にタルトの生地を乗せてフライパンごとオーブンに突っ込んで焼いてみることにした。

うっかりものの上に無謀だともいえるこの行為、失敗すればメシマズ嫁の仲間入りなのだが、焼けた頃合いを見計らってオーブンからフライパンを取り出し皿の上にひっくり返してみると、なんかいい感じのデザートが出来上がってしまった!

他には、ステファニー姉ちゃんが砂糖で焦がしたリンゴタルトを間違ってひっくり返してしまったという説もあるが、どっちにしろうっかりものの姉ちゃんが失敗して生まれたお菓子には違いない。


その後、タルト・タタンはホテル・タタンの看板菓子となったのみならず、超高級フレンチレストラン『マキシム』の固定メニューにまで加えられることになり、タルト・タタンの名前と共に、ステファニー姉ちゃんの失敗も、世の中に広く知られてしまうという結果になってしまったワケだ。


Also published on Medium.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください