店舗の照明は入り口より奥を明るくした方が良い理由

日々の食材を購入しに、スーパーマーケットに出掛ける際、買うものはだいたい決まっているものだ。店に居る時間は他の買い物より短いのではないだろうか。

だが、店内の雰囲気が良ければ、ついつい長居をする事になり、予定になかった余計なものまでついつい購入してしまったりするものだ。


店側からすれば、お客の滞在時間が長く、より多くの商品を見てもらい、購入してもらえる訳だから、売上アップに直結することになる。

そのためには、店内の雰囲気作りが重要となる。照明の効果を利用するため、店の奥は店の入口よりも明るくしておく。

街路の照明や、コンビニの光に集まる習性は虫ばかりではない。人間も明るい場所に引かれる習性がある。暗いところから、より明るい方へと移動したくなるのだ。


これを店舗の照明に当てはめると、入口よりも売り場奥の方を明るくすることによって、店内奥へ人の流れを自然に作り出すことができる。

入口より店の奥が暗いとなると、客は予定したものだけを購入して、奥へは進まず、より明るい入口のほうへと向かって流れることになり、さっさと外へ出ていってしまうことになる。

また、店内全体を明るく、広く感じさせる為に、天井と壁の突き合う角周辺を明るくするのも効果的だ。

店内の照明をうまく利用するだけで、客の滞在時間が延び、より長い時間商品を目にし、手に取る事となるのである。


Also published on Medium.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.