小規模企業共済

お金に関すること, らぼ

事業主になると基本厚生年金の対象から外れます。

そんな時には「小規模企業共済」。

老後の資金を一時金としてもらえる仕組みです。

 

 

廃業した時にもらえるのは共済金A

15年以上納めて65歳になったときもらえるのが共済金B

 

どちらも途中で解約できるのが特徴です。

納付額は1000円~7万円まで500円刻みで自由に設定できます。

詳細・手続きなどは中小企業基盤整備機構に問い合わせましょう。

 

どんなとき?

 

  • 個人事業を廃業したり役員を退職した際に支給されます。
  • 常時使用従業員20名以下(商業、一部サービス業は5名以下)の事業の個人事業主や共同経営者、役員などが加入できます。

 

申請は?

 

中小企業基盤整備機構から業務委託を受けている団体、または金融機関の窓口で申込みます。

加入手続きには契約申込書、預金口座振替申請書などの提出書類の他、申込金、前納掛金の準備が必要です。


Also published on Medium.