スコヴィルって何?唐辛子の辛さを数値化。

ハバネロやジョロキュアなど、海外産唐辛子入りの激辛スナック菓子や、カップラーメンなど、店頭で見かける機会も増えている。実際に食べて見ると『舌が痛い』程の刺激がある。どれだけ辛いのか比較する方法はないのだろうか。

発汗作用によりダイエットに効果があるとして有名になった唐辛子の辛味成分であるカプサイシン。これを数値化したものがスコヴィル値。

1912年、辛さの味覚テストを考案した科学者のウィルバー・スコヴィルからその名がついた。

この味覚テスト、どういったものかというと辛味成分を辛さを感じなくなるまで砂糖水で薄め続けるといったものだった。人が実際に飲んで、その感覚で判断し、希釈倍率がそのまま辛さの単位、スコヴィル値となっていた。人の主観に頼っていたわけだ。

最近では辛味成分であるカプサイシンの量を直接測定し、その値をスコヴィル値に変換し直す、というのが一般的だ。

いくつかスコヴィル値を紹介すると

ピーマン・シシトウは0。

一般的なタバスコは600〜1200。

ハラペーニョは2500~8000。

鷹の爪は40000〜50000。

ハバネロが10万〜35万。

辛さで有名なDEATHソースのメガDEATHソースは77万。

ブート・ジョロキュアは100万。

スコヴィル値に幅があるのは土壌や環境によって辛さに差が出るの為。

ワサビなど、カプサイシンの含まれていないものはスコヴィル値では表せない。

催涙ガスにも使われている様に辛味成分は粘膜を刺激するので使用は程々にした方がよさそうだ。


Also published on Medium.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

まだデータがありません。