就学援助制度

最近の雇用事情により世帯収入が減り子供の教育・生活費に困る仮定が増えています。

そういった経済的に厳しい家庭に学校生活で必要うな学用品等を支援する就学援助制度が各市町村で実施されています。

 

対象は?

住民税・国民健康保険料を免除されている方

所得が一定水準以下の保護者

生活保護を受けている方

市区町村教育委員会が要保護者に準ずる程度に困窮していると認める方(認定基準は自治体によって異なります。)

補助対象は?

学用品費・体育実技用具費・新入学児童生徒学用品費・通学用品費・通学費・修学旅行費・校外活動費・医療費・クラブ活動費・生徒会費・PTA会費・学校給食費等に補助があります。

支給金額(全額・一部)や対象となる費用は各自治体によって異なります。

手続きは?

新学期が開始された後、各小・中学校で申請書を貰います。

子供が通学している学校か教育委員会へ申請書を決められた提出日までに提出します。また、申請は毎年度必要となります。

認定を受けた各費用の支給に対して領収書は必要ありません。

 


Also published on Medium.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。