雑学//体温計の目盛りは何故42℃までしかないのか。

誰しも一度は使った事がある体温計。デジタル体温計も普及したが、ひと昔前の体温計といえば目盛りに水銀を使った「水銀体温計」が一般的だった。この水銀体温計、いろいろなメーカーから発売されているが、目盛りはどれも42℃までしか記されていないのだ。

なぜ体温計は「42℃までしか目盛りがないのか」。ちゃんとした科学的根拠がある。

健康な人間の体温は概ね36℃前後。
風邪やインフルエンザなどで発熱しても、どこまでもかぎりなく熱が上がっていく、なんてことはない。

普段食卓に上る事の多いニワトリの卵。
生卵は、黄身も白身もドロッとした液状になっている。加熱してゆで卵にすると、黄身も白身も固まるが、これは卵のタンパク質が固まった証拠だ。

人間の体を作っているのも、卵と同じタンパク質。

体温ががどこまでも上がってしまうと、わたしたちの身体もゆで卵のように固まってしまうのである。

人間は、39℃の高熱になると思考力に異常をきたす。熱が脳に影響を及ぼし、40度になると、脳は正常な活動ができなくなる。
身体の各臓器も破壊されはじめる。

人間の体温が42℃を超えると、体を構成している細胞のタンパク質がゆで卵のように固まってしまう。

ゆで卵もそうだが、一度固まってしまったタンパク質はいくら冷やしても元には戻らない。要するに死んでしまうのだ。

そうすると42℃以上の目盛りを付けることは、まったく無意味ということになる。

「電子体温計も42℃以上は表示しないのか?」もし仮に42℃以上表示できたとしても、無意味なことに変わりはない。


Also published on Medium.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。