食品保存に使われる「サランラップ」。ネーミングの由来は?

雑学,

台所の必需品とも言えるサランラップ。

その前身となる合成樹脂は1900年代、アメリカで初めてお目見えする。この合成樹脂、銃や弾丸を湿気から保護する包装材、兵士を蚊からガードする蚊帳、水虫を防ぐための靴の中敷など、主に戦争に使われていた。

だが第二次世界大戦が終わると需要が大幅に減ってしまう。フィルムメーカーに勤めていたラドウィックとアイアンズという二人の技術者は、別の使い道を見出す為、フィルムに様々な改良を加えたりもしたが新しい用途を見いだせずにいた。

★★★

★★★

そんなある日、二人はそれぞれの奥さんとピクニックへと出かけた。

その際、ラドウィックの奥さんは夫の会社のフィルムでレタスを包んで持っていった。

お昼になってフィルムを剥がしてみると中のレタスはみずみずしく、鮮度を保ったまま。

それをみていたラドウィックとアイアンズは「食品保存」への用途を確信、開発へと乗り出しサランラップの第一号を完成させる。これを試験的に発売すると大変な人気を呼んだ。

開発者の二人・ラドウィックとアイアンズは、新しい用途を見つけるキッカケを作ったそれぞれの奥さんに敬意を払い「サラとアンのラップ」という意味の「サランラップ」を商品名につけたのである。

 


Also published on Medium.