オオサンショウウオを日本から最初に持ち出した以外な人物とは?

中国地方の山奥や三重県赤目地方の清流に棲息しているオオサンショウウオだが、昔は日本全国に広く分布していたと考えられている。

今ではその数も減少し、絶滅危惧種に指定されている特別天然記念物のオオサンショウウオだか、別名は「ハンザキ」。

ハンザキとは、半裂きにしても生きているほど生命力が強いことからそう呼ばれていたようだが、昔はあちこちで半裂きにするほど、オオサンショウウオが生息していたのではないかいう説もある。

あまり知られていないが、このオオサンショウウオを、1830年に日本から持ち帰ったのがドイツ人医師・シーボルト。


博物学的な興味から持ち帰ったらしいが、ヨーロッパで一大センセーションを巻き起こしたようだ。

江戸幕府は、江戸の地図を持ち出す事には厳しかったようだが、当時はどこにでもいたであろうこの動物を持ち出すことに何の制限もなかったようだ。


オオサンショウウオは黒褐色で見るからに不気味な生物に違いなく、欧州の人からすれば、きわめて異様なものに映った事だろう。

シーボルトが連れ帰ったオオサンショウウオはその後、シーボルトが亡くなったあとも、
1851年まで約五○年間も生きていたという記録が残っている。


Also published on Medium.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください