丸いのが可愛いに決まってる。アニメのキャラもその他も

2017年春のあのアニメ、登場人物の外側のハイライトが非常に鬱陶しいと思っているぎんときくんです。

「月がきれい」だとは言いますまい。ディスるとかそういう事ではないです。

画像リンク元:「月がきれい」公式サイト

月がきれい

それはそれとして「丸い」は正義だと思うのです。

アニメのキャラクターも丸っこい方が可愛い感じがするじゃないですか。目もクリッとしてたほうが可愛いさ120%充填される気がしますし。コロコロした感じは愛されやすい。

僕が古い車を愛して止まないのはライトが丸いからだと思うんです。

今僕は2台の車を所有しているのですが、一台はマツダデミオディーゼル。色は赤。

 

ある日コンビニから買い物を終えて車に乗ろうとしたらドアが開かない。

普段車に大事なものも載せていないし鍵は持って出たのでドアに鍵は掛けなかったはずなのに。

車にも嫌われてるんですか?歩けって事ですか? こんなに君を愛しているのに一方通行の愛ですか!!!

 

もう誰も信じない。裏切り者。

 

そして誰ですか。俺の車の助手席にジャケットなんか載せたのは!!

いつの間に誰がオートマに変えたんですか!!!

まったく・・・

( ゚д゚)ハッ!

人間、俯いてばかりの生き方は良くないと思う。

顔を上げるともう1台の全く同じ色のデミオが隣にありました。

 

結論。中途半端な愛は自分が傷つく。そして信じる心は重要だと思う。

 

デミオを買う数年前、どうしても旧車が欲しいという煩悩に取り憑かれたのです。

「丸い」ライトに煩悩したのです。とにかく「丸」です。「丸」意外にない。人はきっと自分に無いものを求めるのでしょう。人間関係は角が多くてギスギスしてたりする反動でしょうか。旧車云々以前に「丸い何か」が欲しかっただけなのかも知れません。

TE27(レビン・トレノ)

画像リンク元:wikipediaトヨタ・カローラレビン

TE27

RA25(セリカ)

画像リンク元:wikipediaトヨタ・セリカ
RA25

この2台のどちらかに絞りました。

「ライトが丸い旧車」

しかしどちらも昭和50年前後の古い車です。

その辺の車屋さんに置いているわけがない。理不尽です。それくらいの古い年代の人ならいっぱいいるのに。

納得できないと思いつつ、車探しの旅に出ることにしました。

探さないでください。

そんな書置きをしました。

行き先は決まってます。言うまでもない。森です。

電子の森。

インターネットって言うんですか?歩き回るより早いんですよ。しかもお金もかからない。

家から出るのは仕事に行く時だけで十分です。

とりあえず目星を付けて車屋さんに電話しました。

銀「広告見たんですけど」

車「年式の割に走行距離も少ないし、大きな修理箇所もないですよ~。」

銀「雨漏りとかないですか?」

車「無いです。僕もたまに乗ってますし調子いいですよ♪゜・*:.。. .。.:*・♪」

 

ほぼこんなやり取りで決めました。古い車はゴムが経年変化でダメになって雨漏りするケースが多いのです。

気になったのはその点だけ。

愛って盲目だというのは本当かもしれない。

会社のお金を横領して異性に貢ぐ方の気持ちがちょっとだけ理解できた様な気がしました。


それにしても凄い世の中になったものです。

インターネットと電話で車が買える。もしかしたら家も買えるかもしれない。そういえばネット墓地とかいうのもあるんでしたっけ?ゆりかごから墓場までインターネットで完結ですか。

インターネットで知り合ったカップルがインターネット上で結婚してインターネット上で○○して子供も作り・・・。

すいません。下世話な話で。

そしてついにセリカが家にやって来るのですが。

 

続きはWebで!!

 


Also published on Medium.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。