骨折した部分を私達の身体はどうやって治してる?

交通事故やスポーツ中に骨折するというのはよく聞く話だ。治るにはそれなりの時間が掛かるので、骨折した箇所を何週間もギプスで固定、足なら松葉杖や車椅子での移動を余儀なくされる。

さてこの骨折、私達の身体の中で一体どのように治癒していくのだろう。


まず骨が折れると、骨の中の血管が破れて血の塊ができる。これが内出血を止め、さらに折れた骨の隙間を埋めるように溜まっていく。

この血の塊は2週間程で肉芽という組織になる。この肉芽は、毛細血管が詰まったもので細胞増殖を起こす。ここから丈夫な骨がつくられていくのだ。

折れた部分を固定しておけば、骨が成長していってくっつくのかと思ってしまうが、実際には血液が固まって骨に変わるのだから、人の身体の再生メカニズムには驚かされてしまう。


Also published on Medium.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。