秋になると樹木の葉が赤や黄色に変わるワケ

山の木々が赤や黄色に色づき始めると秋の行楽シーズン到来である。葉の色が季節によって変化するのは、植物のライフサイクルと大きく関係している。

葉は光合成によって栄養をつくり出す大切な器官なので、できるだけ葉をつけて栄養を作っていきたいと考えている。

しかし、葉は乾燥や冷気に弱い構造をしているので、冬はそのまま葉をつけているのが難しい。そこで、寒さの厳しい冬の間だけ葉を落とすのが落葉樹。


ただし、葉の中には植物にとっては貴重な養分である窒素を含んだタンパク質や核酸などが含まれている。また、光合成をおこなう葉緑素も貴重な資源だ。

多くの樹木はそれらを葉と共に捨ててしまわず、葉を落とす前に回収する。

葉の中に含まれる有用物質を回収すると、
葉は強い光や紫外線に弱くなってしまうので、紫外線から守るために、葉の表面に赤い色素であるアントシアニンを合成する。

アントシアニンの色素は赤いので、葉が赤く変化することになる。


葉を強い光や紫外線から守るシステムはいくつかあり、アントシアニンをつくらない場合は、葉の中にあったカロテノイドの黄色が現れて黄葉する。


Also published on Medium.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.