ラーメン店。なんであんなに『○○軒』が多いんだい?

ぎんときくん

やあ、ラーメン食いながらで悪りいけど、今日もラーメンに関しての雑学だ。良い子のみんなは真似しちゃだめだぞ♥
それと、昨日描いた絵を使いまわせるからとかそう言う理由で「ラーメンネタ」を続けてる訳でもないから邪推すんなよ?

(´・ω・`)
(´・ω・`)

真坂さん

はいはい、わかってますよぉだ。
なんでラーメン店や中華料理店に『○○軒』ってお店が多いかと言うと
日本初のラーメン店が『来々軒』だったからなのよね~

砂緒ちゃん

「来々軒」は1910年に浅草でオープンしました。
醤油味にストレート麺、具材はメンマとチャーシューだったのです。
この「来々軒」、あっという間に人気店になっちゃったんですね。1日1000杯、多い時は3000杯も売り上げがあったみたいですよ。

ぎんときくん

そこに目を付けた連中が次から次へと雨後の筍みてえにラーメン店作ったって訳さ。店名も真似して「○○軒」ってのが当たり前に付けられた。

今じゃ中華料理の代名詞みたいに言われている『ラーメン』。実はこいつは中国には無い中華料理だ。中国では日式拉麺、日本拉麺なんて呼ばれてる。

 

醤油味から始まったラーメンもスープは味噌・塩・とんこつ、麺も細縮れ、太麺、平打等様々なバリュエーションの組み合わせで日本全国に広まる。ラーメンを知らないなんて奴はおそらく日本にはいないだろう。またインスタント食品の代名詞と言えばカップラーメンって程、最も浸透し愛されてる料理と言っていい。まさに日本の国民食だ。

Y(・∀・)Y

Y(・∀・)Y

真坂さん

ぎんとき、あんたラーメンとカレーとかお子様メニューほ~んと、大好きだもんね。

ぎんときくん

(´<_` )ラーメンとカレーさえあれば生きていける。。。かも知れないな


Also published on Medium.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。