公共職業訓練

失業給付の受給資格がある方なら離職者訓練を受講できます。

受講することによって一日5000円の受講手当がもらえます。

自己都合で辞職した場合でも給付制限が解除されたり失業給付の給付期間終了後も訓練中なら同額の訓練延長給付がもらえたりします。

 

 

 

 

どんなとき?

 

  • ハローワークで適職に就くために必要と認められた場合
  • 職業訓練を受けるために必要な能力等を有すると認められたとき

 

 

申請は?

 

ハローワークで申請します。

本人が希望していても受講できない場合があります。

*雇用保険を受給出来ない特定求職者も求職者支援制度により求職者訓練または公共職業訓練を受講できます。(その場合の職業訓練手当は月額10万円)

 

 

いくら?

 

  • 受講手当が日当たり500円(上限額20000円)
  • 訓練施設への適所手当が月額42500円まで支払われます。(交通費として)
  • 受講料は無料ですがテキスト代などがかかることもあります。

*自己都合退職であっても給付制限期間が解除され失業給付が受給できます。

*職業訓練学校に通っている間に失業給付の給付期間が終了しても失業給付と同額の「訓練延長給」

最長で2年間受け取ることができます。


Also published on Medium.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。