オシドリ夫婦と言われる程、オシドリは仲が良いの?

仲のいい夫婦をオシドリ夫婦と表現することがある。オシドリという鳥がいつも仲良さそうに見えるところから比喩的に用いられるのだが、実際のオシドリはどうなのだろう。

確かにツガイになったオシドリは、いつも一緒にいて仲がよさそうに見える。

オスは別のオスにメスを取られないために、メスのそばから離れないようにしている。
いざというときは、オスがおとりになってメスを天敵の目から逸らす役目をしているのだ。


では、オシドリはやっぱりおしどり夫婦の比喩に用いられるように仲が良いのか、と思われるかもしれない。

だが、メスが卵を産むと、オスはすぐにメスから離れていってしまう。

オスがメスの側にいて、守っているのは卵を産むまでの間。要は自分の遺伝子を残すためにメスを守っていたに過ぎない。次の年には新しい相手とカップルになってしまうのだ。


Also published on Medium.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.