介護休業給付

  • 育児・介護休業法では

家族に介護が必要になったとき仕事を休むことができる

と定められています。

 

 

 

介護休業中には雇用保険から「介護休業給付」が支払われます。

 

休業できる日数は介護対象となる家族ひとりにつき93日、金額は原則として介護休業を開始したときの賃金日額×休業日数分×67%です。

申請手続きは勤務先か勤務先の事業所を管轄するハローワークとなります。

 

 

どんなとき?

 

  • 家族(配偶者・父母・配偶者の父母・子供・同居している祖父母・兄弟・姉妹・孫)が二週間以上常に介護が必要であるとき
  • 上記条件を満たし介護のために仕事を休んだとき

 

 

申請は?

 

会社の所在地を管轄するハローワークで行います。

 

 

いくら?

 

介護休業給付の各支給対象期間(一ヶ月)ごとの支給額は、休業開始時賃金日額×支給日数×67%です。

もらえる日数は休業給付の支給日数と同じで介護対象となる家族一人につき通算で93日間となります。

 

 

仮に日給8000円で介護休業を93日間取得した場合ですと

 

8000円×93日×67%となりますので

 

498480円もらえる計算になります。


Also published on Medium.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。