療養給付(補償)

労働者(契約社員・パート・アルバイト・派遣社員を含む)が通勤・仕事中に怪我や病気をしたらもらえるのが「療養給付」です。

労災指定病院なら無料で治療を受けられますし、それ以外なら窓口で医療費を立て替え、後日労働基準監督署に会社経由で請求します。

通勤災害の場合は初診時に200円の一部負担があります。

 

 

 

 

どんなとき?

 

業務遂行性と業務起因性が判断の基準になります。

通勤途中といえ、寄り道した先での事故は対象外と判断されるケースもあります。

 

  • 業務遂行性とは・・・雇用されている労働者が仕事に従事していたことで発生した怪我・病気の事
  • 業務起因性とは・・・仕事が原因で生じた怪我・病気

 

 

申請は?

 

医療機関で治療を受ける際、「通勤・または仕事中の怪我・病気」であることを伝えましょう。

労災指定病院であれば医療費を払わずに済みます。

 

それ以外の場合は健康保険証は使わず、窓口で全額を支払います。

その後、会社を経由して労働基準監督署で手続きをして全額返還となります。

労災かどうかの判断は労働基準監督署が行います。

 

いくら?

 

病院で支払った医療費、全額が戻ってきます。


Also published on Medium.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。