出産費用の医療費控除

所得税の医療費控除、出産に掛かったお金も確定申告で戻ってきます。

出産費用から出産育児一時金を差し引いた金額がその対象となります。

出産に関わる医療費とは妊娠中の定期検診費用、通院や入院時の交通費、入院費用となります。

領収書や公共交通機関を利用された際のメモ書き(利用区間、料金など)を保管しておきましょう。

 

 

どんなとき?

  • 出産費用から出産育児一時金などを引いた額が対象。
  • 一年間(一月~十二月)に支払った家族全員の医療費の合計が10万円(所得が200万以下なら所得の5%)を超えたとき。

申請は?

 

源泉徴収票に添えて管轄の税務署に提出して確定申告をします。

還付金は申告してから一ヶ月ほどで指定口座に振り込まれます。

不明の場合は最寄りの税務署に問い合わせましょう。

いくら?

 

仮に世帯所得500万円・出産費用50万円・その他の医療費10万円として計算してみます。

家族の医療費総額は出産費用+その他の医療費の合計ですので60万円になります。

 

「家族全員の医療費合計が10万円を超えた場合」と定義されていますので10万円分を差し引きます。

さらに支給された出産育児一時金42万円を引きます。

60万-10万-42万ですので8万円が医療費控除額になります。

 

この8万円に所得税率を掛けます。所得税率表参照

世帯所得は500万円ですので所得税率は20%となりますので8万円×20%=16000円が戻ってくる税金のおおよその目安となります。

 

 


Also published on Medium.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

まだデータがありません。