今年も来ました!花粉症!その対策は?

今年も来ましたね。もはや春の風物詩といっても過言ではないかもしれません。

酷い症状になると鼻水はタラタラ出っぱなし、目は涙が流れっぱなし。

本当に辛い季節ですよね。

 

 

花粉症の原因は?

 

春先の花粉症の原因はやっぱり杉花粉が最も多く70%と言われています。ヒノキ、ケヤキ、ヨモギなども花粉症の原因と言われていますが春先は何といっても杉。

なにせ日本の森林面積の18%、国土の12%を杉が占めていますので広大な杉林からの花粉量がその最たる原因です。

北海道、沖縄では飛散量が少ない(沖縄は杉の木が無い)ので花粉症を発症する方も極々少数です。

花粉症の症状は?

 

最たるものは

くしゃみ

鼻水

鼻づまり

です。一見すると風邪とよく似ていますが、花粉症ではくしゃみが連続したり、鼻水がツラツラと水の様に流れ出たりします。また、喉の痛み・発熱などが伴わないのです。目に現れる症状はかゆみ・涙目・充血などもあります。

 

花粉症に一度かかると毎年同じ時期に同じ症状を繰り返すようになってしまいます。

花粉の飛散量が多い年は症状も重くなりがちです。

花粉症の治療は?

 

一度花粉症を発症してしまうと完治は難しいようです。

柑橘系のドリンクなどで完治した、という話も聞きますが、体質等にも影響されるでしょう。

医療機関で抗ヒスタミン剤、抗アレルギー薬など処方して貰いましょう。

最近は眠くなったりだるくなったり副作用の出づらい第二世代抗ヒスタミン剤もありますよ♪゜・*:.。. .。.:*・♪

症状が重くなるとステロイドなどの副作用の大きな薬が必要になります。早めの対策が効果大です。

外出時に心がけること

 

やはりマスク。湿らせたガーゼなどを間に挟むと90%の花粉を予防出来るそうです。

そしてメガネ。普通のメガネでも花粉量を三分の一に減らせます。

コンビニなどで購入できる花粉証対策のメガネだと四分の一程になるそうです。

また、帽子などを着用して体に入り込む花粉を防ぐ装備も必要です。

首元からも花粉が入り込みやすいのでマフラーなどで防ぎます。

花粉の付着しやすいウールなどは避けた方が良いでしょう。

花粉予報など参考にして花粉の飛散量が多いときは外出を控えるなどの対応も。

 

帰宅時には玄関に入る前に衣服、髪などに付着した花粉を払い落としてから家に入り、手洗い・うがい等で花粉を洗い流します。

 

室内では加湿器が有効です。杉の花粉は湿気を含むと重くなって飛散せず落下します。

雨の日など症状が出なかったり軽くなったりするのはこの為です。

あとはこまめにお掃除をして花粉を飛散させないようにしましょう。

天気の良い日など窓を開けたくなりますがそんな日は花粉の飛散量も増えます。ドアもあまり長い時間、開放しないのがベスト。

洗濯物を外に干すのはオススメできません。布団も同様です。

外に布団を乾した際は、花粉をよく払い落としてから取り込み掃除機で残った花粉を吸い取ると良いでしょう。

花粉症を悪化させる習慣

 

花粉症になってしまったら悪化はさせたくないですよね。

それには日頃の生活習慣も大事です。

規則正しい生活

 

睡眠不足などで体力が低下すると免疫抵抗力が落ちます。

花粉症の症状を悪化させてしまいますので規則正しい生活を心がけ体調を崩さない様に心がけましょう

ストレスを溜め込まない

 

え?ストレスって関係あるの?と思いがちですが自律神経を狂わせたり免疫バランスを崩す原因になります。

ちょっとの花粉に過剰に反応したりすることもあるのでストレスは溜め込まない様にしましょう。

身体がきついな、と思ったら休養を取りましょう。

アルコールはbat

 

お酒は血管を拡張させます。

鼻づまりや目の充血などの症状を起こりやすくしてしますので注意が必要です。

お酒のおつまみは高タンパク、高脂質のものが多く食べ過ぎると免疫力を低下させますので花粉症にはよくないですね。

この時期、お花見などお酒を飲む機会が増えると思いますが飲み過ぎないように注意しましょう。

喫煙もbat

タバコの煙は鼻の粘膜を刺激します。鼻づまりを悪化させる原因になってしまいます。
喫煙者自身のタバコの煙も悪影響を及ぼしますが、タバコを吸わない人も喫煙者の煙によって刺激を受けてしまいます。

 

 

花粉症の方には辛い季節ですが自分で出来る対策をして少しでも症状を軽く過ごしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Also published on Medium.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。