日本語を使う時、脳のどの領域を使っているの?

日本語というのは外国人からみると非常に難解な言葉と思われているようだ。

ひらがな、カタカナ、漢字を使い分け、さらに漢字には音読み、訓読みまであるのだから、外国人からみれば確かに複雑怪奇な言語と言われるのも仕方のないところかもしれない。

これを脳の働きで見てみると、実は日本語を使用する場合、仮名と漢字、それぞれを読む場合と書く場合で、使う脳の場所がまったく違っていることがわかっている。


仮名を読む場合ー脳の視覚野から左角回・ウェルニッケ領野

仮名を書く場合ーウェルニッケ領野から左角回・体性感覚野

漢字を読む場合ー視覚野から左側頭葉後下部・ウェルニッケ領野

漢字を書く場合ーウェルニッケ領野から左側頭葉後下部・視覚野・左角回・体性感覚野

この4つのケースに共通して登場しているウェルニッケ領野とは、側頭葉にある言語野で、言葉を理解する機能を司る場所だ。

普段の生活で日本語を用いて、新聞や雑誌を読んだり、書類を書いたり、メールのやり取りをする時、これだけの脳の場所を一度に使っているわけだから、外国人にしてみれば、『日本語は複雑』と思われるわけだ。


Also published on Medium.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.