傷病手当金

病気・怪我などの理由で会社を休んでしまう場合もあると思いますが、その際有給休暇を消費するケースもあるでしょう。

大概の場合は給料から引かれてしまうのではないでしょうか。

 

 

ですがその期間も療養に専念できるように

 

協会けんぽ

健康保険組合

共済組合

 

これらの被保険者なら申請すれば「傷病手当金」が支給されます。

 

会社を三日以上休んだ場合、四日目から平均日額給与の三分の二が一年六ヶ月間受給可能です。

自宅療養・通院の場合は医師による証明が必要となります。

 

どんなとき?

 

  • 風邪・インフルエンザでの自宅療養やレジャーの際に負傷・入院し会社を休む場合
  • 土日祝日、有給休暇を含めて連続する三日(待機期間)以上仕事を休む事により四日目より支給

 

申請は?

 

勤務先が加入している健康保険(国保は不可)へ申請します。

医師からの証明書が必要なので忘れない様にしましょう。

相談・問い合わせは勤務先の人事部や総務部になります。

 

いくら?

 

欠勤一日あたり、通勤手当・残業代を含む平均給与一日あたりの金額のおおよそ三分の二が、最長で一年六ヶ月まで土日祝日を含めもらえます。

 

計算してみましょう。

 

平均日額10000円、30日会社を休んだケースを元に紹介します。

10000×66.6%(三分の二)=6660 が一日あたりの支給額です。

 

6660×日数なのですが30日のうち3日間は待機期間となりますので27日間。

6660×27=179820

上記の金額が支給額となります。゜

 


Also published on Medium.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。