不妊治療費助成金

お金に関すること, らぼ

不妊治療は健康保険が適用されません。

特定不妊治療を受けていて前年の所得が合算730万円未満の夫婦を対象として不妊治療費助成金というものがあります。

 

 

通算助成回数は初回39歳まで6回、初回40歳以上は3回です。

2016年4月以降は43歳以上は対象外となっています。

各自治体によって助成内容が異なりますので居住している自治体に問合わせてみましょう。

どんなとき?

 

  • 夫婦が指定医療施設で体外受精・顕微授精による不妊治療を行ったとき
  • 上記方法以外の治療方法では妊娠の見込みがないと医師に診断されたとき
  • 夫婦の所得が730万円未満のとき

申請は?

 

指定の特定不妊治療費助成申請書・受信証明書・申請日から3ヶ月以内の住民票を郵送します。

その際、自治体が指定する医療機関で治療を受けている必要があります。

いくら?

 

助成限度額は

一回7万5000円~25万円まで治療ステージにより異なります。


Also published on Medium.