乳幼児医療費助成

乳幼児医療費助成

「七歳までは神の預かりもの」

昔はそう言われていたのですが、免疫力が低い赤ちゃんは怪我や病気をしやすいもの。

病院への通院頻度は高くなりがちだと思います。

 

子育てをしている世帯の経済的負担を軽減し、乳幼児等の健全な育成と児童福祉の向上を目的として医療費を援助する制度が各自治体で実施されている乳幼児医療費助成です。

条件は?

赤ちゃんが健康保険に加入していること。

生活保護を受けていたり児童福祉施設に入所している場合は対象外となります。

対象年齢は自治体により異なります。

助成額・方法は?

医療保険の対象となる医療費・薬剤費等の自己負担額を助成してくれます。

助成の方法は各自治体によって異なり、

病院で医療証を提示

一度医療費を支払ってから自治体に請求、などのケースがあります。

助成の内容は全額もしくは一部(自治体によって異なります。)

助成期間は?

自治体によって0~6歳まで、高校生までなど色々なケースがありますので自治体窓口での確認が必要です。

申請方法は?

居住地の自治体窓口に相談、医療証の交付を受けましょう。

 

 


Also published on Medium.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

まだデータがありません。