所得税の医療費控除

以外に見落としがちですが医療費控除は内容を知っているとお得なものの1月1日~12月31日までの一年間に病院で支払った医療費(家族分を含む)が10万円を超えた場合。確定申告により超えた分が所得税からは控除され税金が戻ってきます。(過去五年間の申請可)

按摩マッサージ、指圧、鍼灸、歯列矯正、出産費用も控除の対象となります。

そして市販の薬、通院などに掛かった交通費も医療費に含まれるので関連した領収書はキッチリ管理しておくのが良いと思います。

 

 

申請は?

 

医療費の領収書、源泉徴収票、交通費の記録を添え、税務署に確定申告をします。

領収書の無い交通費は日時・経路・運賃のメモ書き、家計簿で済みます。

自家用車のガソリン代、駐車場の利用料金は対象外なので注意が必要です。

 

どんなとき?

 

  • 年間に支払った医療費が10万円を超えたとき
  • 収入が200万円未満の場合は、自己負担額が所得額の5パーセントを超えたとき
  • 本人以外に生計を共にしている家族分も合算して上記条件に当てはまるとき

 

計算方法

 

一年の医療費  – 保険金等の補填金  –

所得が200万以上の場合

10万円

 = 医療費控除額
もしくは

所得が200万円未満

所得額の5パーセント

 

実際に戻ってくる金額を計算してみます。

 

仮に年収300万で年間50万円医療費が掛かったとしましょう。

50万-10万=40万☚これが医療費控除額です。

ここで注意して欲しいのが医療費控除額、この場合は40万ですがこれがすべて戻ってくるわけではありません。

 

実際には医療費控除額×所得税率となります。

 

課税所得 税率
195万以下 5%
195万超~330万以下 10%
330万超~695万以下 20%
695万超~900万以下 23%
900万超~1800万以下 33%
1800万超~4000万以下 40%
4000万超~ 45%

 

なので上記表で20パーセントの税率になりますので

40万×20%=8万円となります。


Also published on Medium.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。