イッカクの角って実は。。。

海のユニコーンと呼ばれる「イッカク」。

体長は4~6mほど。頭部から長く突き出た角状の部分が特徴的なイルカの仲間。

この角状の部分は長いものだと3mにもなる。

その特徴から「海のユニコーン」とも呼ばれる

画像リンク元:NATIONALGEOGRAPHIC/海のユニコーン イッカク」

イッカク

だがこの頭部に突き出た角状の部分、実はイッカクの歯が変形したもの。

オスのイッカクの2本の歯のうち一本が捻れながら長く伸び、牙の様になる。

メスも小さな牙を持つことがあるがオスほどは目立たない。

なぜオスのイッカクがこの様な長い牙を持つようになったのか。

諸説はあるが未だに謎のまま。


Also published on Medium.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。