高額療養費制度

お金に関すること, らぼ

健康保険証の提示によって医療費の自己負担は三分の一で済みます。

また一ヶ月に同じ医療機関や薬局の窓口で支払った額が自己負担額の上限(所得に寄って決定)を超えると、超過分は1%の負担で済み、払い過ぎた分は戻ってきます。

一年以内に同制度を三ヶ月利用していれば四ヶ月以降の限度額は引き下げになります。

 

 

どんなとき?

 

同じ医療機関で支払った一ヶ月間の医療費が自己負担限度額を超えたときにもらえます。

但し、保険適用外の治療・入院時の差額・ベット代・食費の一部、これらは自己負担となります。

 

 

自己負担限度(70歳未満の場合)

所得区分 自己負担限度額 多数該当
年収1160万~

健保:標準報酬月額83万以上

国保:年間所得901万円超

25万2600円

+(総医療費-84万2000円)×1%

14万100円
年収約770万~1160万

健保:標準報酬月額53万以上79万未満

国保:年間所得600万円~901万以下

16万7400円

+(総医療費-55万8000円)×1%

9万3000円
年収約370万~770万

健保:標準報酬月額28万以上50万未満

国保:年間所得210万~600万以下

8万100円

+(総医療費-26万7000円)×1%

4万4400円
年収~約370万

健保:標準報酬月額26万以下

国保:年間所得210万以下

5万7600円 4万4400円
住民税の非課税者等 3万5400円 2万4600円

*70歳以上の方は限度額の計算方法が異なります。

*一年間に高額療養費の適用が三ヶ月以上あった世帯は、四ヶ月目から表中の額へと限度額が下がる。

 

 

申請方法は?

 

加入している健康保険組合へ申請します。

相談・問い合わせは地方自治体・社会保険事務所・健康保険組合の窓口になります。

 

高額医療費支給申請書(限度額を超えた月に健康保険組合から送付。または窓口やホームページから入手)・医療費の領収書・印鑑(国保の場合)・健康保険証・預金通帳などが必要になります。

申請は加入している健康保険の窓口へ直接持っていくか郵送で申請します。

申請する期間は診療した月の翌月の一日~2年以内に申請する必要があります。

 

 

もらえる額は?

もらえる額を仮に計算してみます。

所得区分が年収770万~1160万、月に100万の医療費とした場合ですと

上記の表から

自己負担限度額+(総医療費-55万800円)×1%となりますので

 

16万7400円+(100万-55万800円)×1%となり171892円。

 

医療費100万円ですと、70%は健康保険が負担しますので支払い額は30万円。

ですので300000円から171892円の自己負担額を差し引いた128108円が払い戻しになります。

 

 

 

 

 


Also published on Medium.