ハーメルンの笛吹き男。これって実話なの?

ルーツ, 事件・事故, 雑学, 風習・ならわし

ハーメルンという単語に聞き覚えのある人は多いのではないだろうか。

ドイツの小さな町の名前なのだが、グリム童話「ハーメルンの笛き男」の舞台として世界的に有名でもある。

話の概要は、ネズミの大量発生に困っているハーメルンに、ある日「ネズミ捕りだ」と称する男がやってくる。

町の住人は彼に町のネズミ退治を依頼した。すると男は町中のネズミを笛の音でおびき寄せ、そのまま川に落として退治してしまったのである。
ところが住人たちは、約束をやぶって男に報酬を渡さなかった。

男は怒って、ネズミにしたのと同じように町の子供たちを笛の音で集め、町から連れて出て行ってしまった。

130人の子供たちと男は、二度と戻ってこなかった……。

スポンサーリンク

これは、実話だと言われおり、事件が起こったのは1284年6月26日とされている。13世紀以降の文献や碑文で幾度となく言及されている。
以来700年以上を経ても、物語の舞台となった舞楽禁止通りでは、子供たちへの追悼のため、現在でも歌ったり楽器を演奏したりすることが禁止されている。

童話の様な事件、そのものが起こったのではないにしても、「何か特別な出来事があった」と思わせる事実だ。

ハーメルンには、このタブーのほかにも、「ハーメルンの笛吹き男」を連想させるものが点在している。

通りの舗道にはネズミがペイントされており、案内にしたがって歩いていくと童話の世界を堪能できる。

また、野外劇もさかんで童話を再現するしかけ時計などもあり、観光地として栄えている。


Also published on Medium.