Google アドセンスの補足

つい先日、Google AdSenseへ申し込んで3日と立たないうちに広告が開始された旨メールが届きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Google自体の審査基準や仕様の変更によるものだと思いますが、申請・広告スタートまで3日程、しかも土日を挟んでの日数なので相当早いです。

 

 

これまで僕が知り得ていた情報では

Google AdSenseに申請→一次審査→二次審査→広告スタート

 

ここまでで1ヶ月前後は必要だと認識していました。

 

とりあえず無事広告配信が始まったようなのでひと安心。

 

申請から広告配信まで3日としていますが多少失敗したコトなどがありますのでその辺を書いて置きます。

参考にして下さい。

 

実際は1番最初に申請したのは2017年、2月10日頃です^^;

Googleに限らずSNSのアカウントをいくつか持ってる方もいるのでは無いかと思います。僕もそうです。TwitterもfacebookもGoogleも複数のアカウントを取得しています。

facebookは基本実名登録なので漢字表記、カタカナ、ローマ字などで幾つか取得しています。

僕のスマホはandroidですのでガラケーからスマホに換えた際、Googleのアカウントを作る必要がありました。Google Playなどアプリをダウンロードするのに必要になりますし、ほぼ強制的にアカウント作成を促されますから。

そのアカウントを作成する時、適当に登録していたんですね。名前を^^;その後アカウントをいくつか作成していくのですが、どれも実名ではなかったのです。

今までは特に困ることも無かったのです。Google Playで有料アプリを決済する際はそのアカウントでクレジットカードが普通に使えましたし。

 

はい、そうです。2月10日頃申請したのは全く実名とは関係ない名前で作ったアカウントでした。(笑)

Google AdSense申請すると

「審査には最大で3日かかります」

というアナウンスが出るんですが1週間経っても次の段階に進まない…(。-ˇ.ˇ-。)ん~。

 

記事数もそこそこあります。内容的にも問題ないと思われる…そしてようやく思い当たったんですね。問題はアカウントではないかと。

そこで「アカウント問題を解決する」に焦点を絞っていきます。

対策として考えたのは

 

1、実名登録で新しくアカウントを作る

2、現在使用中のアカウント名を実名に直す。

この2つ。ここで僕が取ったのは「2」です。

 

ここからは憶測が混じります。

僕は時々Twitterの有料広告を使用しますが、この時Twitterカードがすぐに作れます。このTwitterカード、無料で作成するのには審査が必要で時間のかかるものらしいですが、有料の場合は広告料の支払をクレジットカードで行うので支払いが通ればすぐにカード作成、広告発信できます。

要は信頼度ではないのか?

クレジットカード情報をTwitter側に渡しているわけですから無料で作成するのに比べ信頼度が格段に違うはずです。

現在使用中のGoogleアカウントもクレジットカードを登録済みでプレイストアでの定期購入にも使用しています。だとすれば新しく作成した実名アカウントより長年使っていてクレジットカード登録してあるアカウントの方が有利なのではないか?だとすれば、それを実名にしてしまった方が決着が早そうだ、そう考えた訳です。

 

では早速実行!長年使用しているGoogleアカウントを実名に変更。再度アドセンスの申請を行います。

この時点では半ば諦めてました。数時間後、審査通過の連絡がメールで届きました。そして更に翌日には実際の広告配信がスタートしたと再度メールが届きました。

この記事を公開した時点で広告は有効になっています。

Googleアドセンス申請すると決めてwordpress立ち上げてから約二ヶ月です。

Googleアドセンス申請・通過に色々な説がある様ですが僕が気をつけたのは、1ヶ月間で30記事以上。それと「不適切な記事・表現を避ける。」

この2点だけです。


Also published on Medium.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。