FXトレード(証券会社にはそれぞれ特徴がある)002


前回証券会社は我々の注文を呑んでいる、と書いた。

FX001へ FX002へ

これはほぼ事実なのだが一般の書店で売られている国内の証券会社を勧めているFXの案内書の類にはこういった事は書かれていない。

FX関連の書籍を読むと解るが、○○証券会社を使うとこういった情報を提供しているので簡単に利益が出せますよぉ、といった証券会社に都合の良い事を書き綴っている広告本だからだ。自身が紹介している証券会社に都合の悪い事など書くわけがない。

先日FXトレード001の記事を書いた後、A8ネット、アフィリエイトBからFX各社の特徴などを実際にレポートしながら記事を書く予定で広告提携を申し込んだ。広告を貼るには審査があるのだが20社近く申請して審査を通ったのは数社のみ。よほど都合が悪い事を書いてしまったらしい(笑)10日以上経過しているが保留になっている所もある。

 

今からFXを始めようとしてる方にリスクを開示しないで勧めるつもりはない。

提携を申請して却下されたのは以下。

FXプライム、FXブロードネット、FOREX.com、OANDA.japan、ライブスター証券

承認されたのは

ヒロセ通商、FXネオ、くりっく365

JFXは記事を書く前から申請が承認されている。

前置きが長くなった。本題に入ろう。

まずは口座を開設する。

現時点で俺が口座開設している国内の証券会社

上田ハーロー、DMM、YJFX、SBIFX、マネーパートナーズ、FXプライム、JFX、外為オンライン

それぞれに特徴があり良いところも悪いところもある。

なぜこんなに口座を開設しているのか?

FX001でも記載したように手数料、取り扱っている通貨、売買の判断になる情報、ツールなど各社特色がある。

これは冒頭に述べた理由で実際に使ってみる意外に確かな方法はない。都合の悪い事は書かないからだ。

スプレッド(証券会社の手数料)はもちろん重要だし使いやすさも重要だ。

俺が最も重要視するのは約定と呼ばれるものだ。

特にFXを始めたばかりだと売買の回数が多いはずだ。ちょっと利益が出たり損が出たりしたら決済したくなるから(笑)

約定とは何か

約定率99%

証券会社の広告にこんな字面が踊る。

今1ドル99円だったとしよう。これが100円を超えたら101円になる!そう考えたら「指値で買い注文」を出す。

100円になったら○○ドル分買いますよ、という買い方の注文を「指値」。値段を指定して買う、もしくは売るわけだ。

値段を指定せず今の価格のままで売る、もしくは買うのは「成り行き」

 

この注文が通るか通らないか。ここが重要になる。

現在あなたが買い・売り、どちらも持っていない状態(スクエア)だったとしよう。

前出のようにドル円100円で買いの注文を出して買えなかった場合、あなたに損はない。

そんなことがありうるのか?と思われるかも知れないが、価格が大きく動くとそんな事は始終ある。

今からポジションを持つ場合には特に問題はない。問題なのは決済の時だ。

損が発生した状態で持っているポジションを指定した金額で決済出来ないと大変な事になる。

100円で買ったドルが思惑に反して99円に下がったらポジションを整理しようと決めたとする。

自分が損を被る注文は「逆指値」というのだがこの注文が通らなかったら?そのまま98円、97円と下がり続けたら?

ロスカットだけなら良いが最悪、「追加証拠金」を払わねばならない事態になる。俗に言う「追証」と言う奴だ。


 

海外の証券会社はこの追証というものが無いのが殆どだ。預け入れた資金以上の損はない。

国内の場合は預け入れた金額以上の損が発生し、そのマイナス分を支払わなければならないケースが極々稀にある。

そんな事態を避ける為の注文が通らないのでは恐ろしくて取引どころではない。

なので各証券会社は約定率99%などという宣伝をしている。

約定率99%は安心か

FXを始めようというのだから宝くじを買った事はあるだろう。

サマージャンボ宝くじでもなんでもいい。その一等の当選確率は?

ここにサイコロがある。9回振って①以外が9回出たとしよう。

では。

次の10回目、①が出る確率は?

 

宝くじの場合。グダグダ計算しても仕方ない。

何億枚売れていようがあなたが何枚持っていようが関係ない。

確率は50%だ。

なぜなら一等が当たるか当たらないか。それ以外の結果はない。

ではサイコロは?これも簡単。

6分の1。9回振って1が出ていないから云々、なんて理論は関係ない。

サイコロの面は6面しか無い。

 

約定率となんの関係があるのか?と思われるかも知れないが100回のトレードをしたとして99回約定が通った。

毎回一万ずつ利益が出た。これまでの利益は99万。

最後の一回で約定拒否され、200万の損が発生。為替の相場から退場。

こんな事が発生する可能性があるのが相場だと思って頂いて間違いない。

なので99%の約定率を鵜呑みにしてはいけない。

肝心なのは大事な局面で注文が通るかどうかなのだ。

これは実際に取引してみないと分からない。

この辺を踏まえて次のFX003へと続く。(予定)

FX001へ FX002へ

 


Also published on Medium.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

まだデータがありません。