誰にでも平等なもの。無い時間は創る。~続~

前回のお話はこちら

時間は限られたリソースです。無駄にはできませんが時には無為な時間を過ごすのも「心」には必要です。

心に余裕が無いと行動にも余裕が無くなりますからね(#^.^#)

時間の使い方は人によって様々です。思った通りに使えるとばかりは限りませんがある程度は管理できるものです。

時間とやらなければならない事はレゴブロックのように分割したり組み合わせたり出来ます。限られた時間という枠のなかにそれをはめ込んでいくだけです。

これは自分自身で時間と行動を構成し、使える時間を創るという事です。

さて、こうしてせっかく創り出した時間ですが無碍にされる事もあるでしょう。

誰かと待ち合わせをしたとします。友人でも職場の仲間でも構いません。

待ち合わせの時間は午後一時。

約束の時間の10分前に待ち合わせ場所にあなたは到着しました。一時になっても相手は待ち合わせ場所に現れません。LINEしても電話しても連絡がつかない・・・。相手に何かあったのか、それともスマホのバッテリーが切れて連絡できないのか・・・。とても心配になると思います。(後日書きますが脳や心にもリソースがあります。)

あなたはこの相手を待ちますか?

 

待っても来ない相手。約束した時間を守らない相手。

 

はっきりいいます。こんな相手とは約束をしない、もしくはアテにしない事です。

時間はお金に換算できます。仮に時給1000円のアルバイトで1時間働けたとして1時間待ったら1000円の損出です。

こういった相手は一時的には謝意を表すでしょう。

「他に用事があって」「急に何かが起きて」

など理由は様々だと思いますが、あなたが努力して創り出した時間を簡単に消失させます。

そして必ず2度、3度と同じように時間を浪費させます。

有効に時間を創り出そうとしているあなたとは対局にいる相手です。そもそもこういう相手は自分の都合しか考えていないものです。タイムマネジメントが出来ていないのだから人の時間を浪費しているなどという考えはありません。こちらはヤキモキして無駄な時間ばかり。2度,3度と繰り返すうちに相手はあなたを軽視して約束を反古にするケースが増えるでしょう。

時間を浪費しても気にならない

待つのが苦にならない

というならそれでもいいと思います。

僕なら?縁を切ります。時間は有限ですから。

けれどそう簡単には行かないのは世の常。ではどうするかというと

アテにせず代替えの行動を準備します。

 

一緒にご飯を食べる約束をしていたとしたら待ち合わせ時間を過ぎて連絡がつかない時点で期限を切ります。15分でも30分でも構いません。ここは個人の裁量です。

相手との待ち合わせ時間を過ぎて連絡がない時点で既に時間は無駄になっているので待ち時間は「少なく」が基本です。

それと相手が来なくても良い場所を指定する、もしくは待ち合わせ場所の周辺で出来る事を用意しておきます。

こんな時でしか出来ないこと、もしくは近くに行ってみたい所に行くなど自分がやりたい事を用意しておきます。

相手が来れば予定した行動を取れば良いし、来ないならあらかじめ用意していた行動に切り替えるだけです。

時間を創り出すのと等しく時間を無駄にしない、という事はとても重要な事なのです。

 

続きは・・・コメントなど、反応を頂いたら考えます(笑)


Also published on Medium.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。