雲は気体じゃない?その実体は?

風に流されちぎれたり、またくっついたり。変幻自在に形を変える雲。

一見、気体の様に思われがちだが、我々の目に映る白く見える雲は水蒸気が冷やされて水や氷の粒に変化したもの。


水が沸騰すると水蒸気になるのだが、我々はその時に発生する湯気を水蒸気だと勘違いしている。

白く見える湯気の部分は水蒸気が冷やされて水の粒になったもの。

その湯気が空気中に拡散、再び目に見えない水蒸気になる。

 

沸騰したヤカンの口から湯気が出る様を見てみると、ヤカンの口から少し離れた部分から白くなっているのがわかる。

ヤカンの口から白い湯気に変わるまでの部分が水蒸気にあたる。

 

 


Also published on Medium.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。