デンキウナギは自分の電気で感電しないの?

自ら発電機関を持った動物といえばデンキウナギやデンキナマズが思い浮かぶのではないだろうか。

これらの電気魚は体の後ろ4分の3に、発電器官があり、その発電器官の内部では、電気細胞を何組か直列に接続、さらにそれを並列に接続して回路を作り出している。

危険を感じたり、エサを捉える為に放電するのだが、その際は運動神経を刺激、身体の前方から後方へ、器官の中軸に電気を流す。

デンキウナギは頭部がプラス極、尻尾側がマイナス極。デンキナマズは頭部がマイナス極になりデンキウナギとは反対になる。


その電圧は、デンキウナギの場合だと800ボルト。周囲の水には500ボルトの電気が流れる。ただしこの高電圧、1000分の1秒ほどしか持続できない。


このデンキウナギが発する電気、デンキウナギ自身は感電しないのか?という疑問がわく。

実はデンキウナギ自身もわずかだが感電している。

体内に蓄えられた脂肪が絶縁体の代わりになって、自分の放電による感電死は回避出来るような体の仕組みになっている。


Also published on Medium.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。