ビールを飲むと肥満になる?ホントのところはどうなんだろう。

「ビール腹」という言葉もあるほどで、ビールを飲めば太るというイメージが一般的には根付いている。

だが科学的根拠となると、あまり判然としていない部分もあるようだ。

一般的なビールの大瓶のカロリーは約250キロカロリー。これは大きめの茶碗一杯のご飯とほぼ同じ熱量である。


ただし、カロリーは同じでも、ご飯のデンプン質と違って、アルコールは体内で燃焼されるので、ビールはご飯に比べると実はずっと太りにくいのだ。

ビール製造者側の意見としては、こうした点を強調する。

その理屈からすれば主食としてビールを飲んだ方が、ご飯を食べるよりダイエットに効果がある、ということになる。

更には、ビールを飲む人が太りやすいのは、ビールによって食欲を刺激され、ついつい食べすぎてしまい、その結果として太るだけであってビールが直接肥満の原因になるわけではない、ビールを飲むと、ついラーメンやお茶漬けを、遅い時間に食べることになりがちだから等、が製造側の主だった意見だ。

確かに科学的にはビールが肥満の「主犯」ではないのかもしれない。

だが、生活の中でビールをよく飲む人は、現実には太っていたり、お腹がビール腹になっている事が多い。

副食物をとらずにビールをがぶ飲みしていては、間違いなく他の栄養が不足してくる。ビールを飲んでいれば食が進むのは道理であろう。

結果と原因はどうあれ、現実にはビールを飲みたいだけ飲んで、太らないなんていうことはないと思っていいだろう。


Also published on Medium.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。