沖へと流される離岸流。助かる方法はある?

夏休みと聞くと近くの海で海水浴を楽しまれる方も多いだろう。だが同時に遊泳中の事故も連日の様に報道される。

比較的、波打ち際の付近で泳いでいたはずなのに、いつの間にか岸から離されてしまい、海岸に戻ろうとしても戻れない状態になってしまい溺れてしまう、そんなケースもあるようだ。

その原因といわれているのが『離岸流』。


波打ち際で波が砕けたあと、帯状の水の塊のようになって、猛烈な勢いで沖へと引き返していく流れのことをいう。

幅は20〜30メートルと狭いのだが、そのスピードは秒速1メートル前後。


秒速1メートルと聞くと、クロールで必死に岸に向かって泳げば…と思われるかもしれないが、全力で泳ぐとなるとそうそう体力は続かない。ちょっと気を抜くと、アッという間に沖に流されてしまう。

海岸にもどろうと必死になって泳いでも思ったように進まず、体力を消耗して力尽きてしまうというわけだ。

こんなときは、無理に岸に戻ろうとせず、岸と平行に泳ぐ。まずは離岸流から脱出することを最優先としよう。

離岸流から脱出できさえすれば、あとは難なく岸まで泳ぐことができる。肝心なのはパニックに陥って体力を消耗せず、温存することだ。

離岸流に乗らないのが一番なのだが、どうにもやっかいなのは、砂浜からでは離岸流があるかどうかハッキリしないことだ。

離岸流を避けるには正直、勘に頼るしかないのが実際のところだ。


では離岸流を察知することがまったくできないのかというと、目安となる場所もあるにはある。

海藻やゴミなどがかたまって浮いている付近、川が流れこんでいる河口の周辺や、桟橋や突堤などの構造物がある付近も離岸流が発生しやすいと言われている。

もっとも、あくまでも目安なので、離岸流に乗ってしまった際にはくれぐれもパニックに陥らないように心構えが大切だと言える。


Also published on Medium.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください