電話を受けた側も料金を支払う?どこの国?

電話をかける時、通話料金を支払うのはコレクトコールでなければ、かけた側が料金を支払う。日本では常識のこの料金システムだが、受けた側が料金を支払う国がある。

携帯電話での通話だけだが、カナダでは、電話を受けた側にも料金がかかってしまう。

もちろんフリープランとして夜間無制限などの割引も用意されているのが、相手側にも通話料を支払わせるのでヒマだからといって気軽に携帯電話で…という訳にはいかないのだ。


その一方、固定回線の電話料金はかなり安く利用できる。

固定電話での市内通話料は月々の基本料金(約3000円程度)に含まれるので、同一市内なら実質タダ。

公衆電話はというと、どこへかけても最低30円くらいは必要となる。急用でなければ自宅からかけた方がはるかに安い。長距離電話の場合、プリペイドカードなどを上手に使えば格安の料金で通話できる。

カナダでは固定電話を使った方が財布にも相手にも負担が少ないのだ。


Also published on Medium.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください