大根の色は白。実はそうではないんです。

ダイコンの”本当の色、は白ではなく透明!?

春の七草にも含まれる大根。日本の食卓にとても馴染みの深い野菜だが、この大根の色は?と聞かれたらほとんどの人は『白』と答えるのではないだろうか。

確かに一見白く見えるのだが、実はダイコンの本当の色は白ではない。

ダイコンを鍋で煮込んでいくと、だんだん色が薄くなっていき、透き通っていく。実はダイコンの本来の色は白ではなく透明なのだ。

では、なぜダイコンは白く見えるのか。


ダイコンには小さな孔が無数に開いていて、そのひとつひとつの表面がさらに無数の凹凸に覆われている。このごく小さい凹凸に光が当たると、その光が乱反射して見た目に白く見えるのだ。これを煮込んでいくことにより、水分が孔や凹凸の中の空気を押し出し、元の半透明の色に戻っていく。

 


Also published on Medium.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.