パパ・ママ育休プラス

「パパ・ママ育休プラス」あまり聞きなれないですね。

育児休業制度は利用できる期間が一年間と制限されていますが、夫婦で育児休業を取得すれば子供が一歳二ヶ月になるまで期間を延長できます。

しかも夫婦それぞれ育児休業給付が貰えます。

母親・父親が時期をずらしての取得も可能なので効果的に利用しましょう。

 

 

どんなとき?

 

  • 夫婦が同時・あるいは交代で育児休暇を取得するとき。母親・父親、それぞれの上限は一年です。母親は産後休業期間を含みます。
  • 事実婚のカップルも利用できます。
  • 父親の場合、母親の出産から子供が一歳二ヶ月になるまでの間、2回に分けて取得することも可能です。

申請は?

 

お互いの勤務先に必要書類を提出します。その後会社が事業所の所在地を管轄するハローワークに支給申請してくれます。

育児休業給付金申請書に配偶者の育児休業取得についての記載が必要です。

いくら?

 

休業開始時賃金×支給日数の67%(育児休業開始から6ヶ月経過後は50%になります。)

育児休業開始前の6ヶ月間の賃金を180で割った額を一日当たりの賃金日額として計算します。

支給額には上限・下限額があります。

 

 

 


Also published on Medium.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

まだデータがありません。