出産手当金

出産の際には通常産休という形で会社を休むことになると思います。

産休の間勤務先から給料が支払われない場合、産休一日につき標準報酬日額の3分の2を手当金としてもらえます。

 

 

出産予定日以前の42日間が産前休業(出産予定日を含む)

出産翌日以降56日間が産後休業。

 

予定よりも早く、もしくは遅く出産された場合、支給額が異なります。

また、会社から給与が支払われても出産手当金の額より少ない場合はその差額が支給されます。

どんなとき?

 

  • 健康保険に加入している母親が対象です。正社員はもちろん、契約社員・パート・アルバイト・派遣社員の方も受給できます。
  • 出産の42日前から出産後56日までの範囲で休業し、勤務先から給料が支払われない場合。
  • 勤務先から給料が支払われても、その支払額が出産手当金より少ない場合。
  • 出産日が予定よりも遅れた場合、その日数分が支給されます。
  • 出産日が予定より早まった場合、支給される手当金も少なくなります。
  • 国民健康保険に加入している方は対象外になります。
  • 双子以上(多胎児)出産の場合は産前休日42日間が98日間になります。

 申請は?

 

手続きは勤務先で行うことがほとんどです。

健康保険出産手当金請求書と添付書類を職場の担当部署や健康保険組合、社会保険事務所でもらいます。

 

病院、自分、会社、それぞれに記入する場所がありますので記入したら会社、もしくは管轄の保険事務所に提出します。

 

申請は出産後57日目以降(産後休暇終了後)からです。

申請を忘れていた場合でも産休開始から2年以内なら全額請求できます。

いくら?

 

標準報酬日額(通勤手当や残業代を含む平均給与一日当たりの額)の3分の2が一日分の支給額となります。

申請後1~2ヶ月で産休日数分の総支給額が支給されます。

 

標準報酬日額が8000円、産休98日間として計算してみますと

8000円×2/3×98日=522667円が総支給額になります。

 


Also published on Medium.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。