児童扶養手当て

ひとりで子供を育てなくてはならないひとり親家庭だと貰えるのが「児童扶養手当」です。

子供の年齢が18歳になる最初の3月末までが対象となります。

受給額は所得・子供の数によって異なりますが子供がひとりで全額支給の場合、月額で4万2330円が受給できます。

妻・夫どちらかがDV被害に遭っていてひとり親状態のときも受給できます。

 

どんなとき?

 

  • 未婚もしくは離婚・死別などでひとり親家庭になったとき
  • 18歳になった最初の3月末までの子供が対象になります。
  • 裁判所からDV保護命令を受けている子供も含まれます。

申請は?

 

各市区町村役所に請求者、児童の戸籍謄本・収入証明書などと一緒に児童扶養手当認定請求書を提出します。継続したい場合は年に一回、8月に

児童の養育状況・前年の所得を確認する為の現況届を提出する必要があります。

いくら?

 

子供ひとり 全額支給で4万2330円。
子供ふたり 子供一人の支給額に一万円加算。
3人以上 子供一人の支給額に6000円ずつ加算。

但し所得が限度額を超えると一部支給もしくは支給が停止されます。

 


Also published on Medium.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

まだデータがありません。