支払いの方法を変えてみる。お金の使い方が変わる!

ホウレンソウ。ご存知ですか?

報告・連絡・相談。一般的にはそんな感じですよね?

 

今日知った新しいホウレンソウは・・・

 

放置(なにもしない)

連休(すいません、今日も休みます)

早退(じゃ!お先!言い残して帰る)

 

こんなホウレンソウも楽しいですね。実際に出来るかどうかは別問題ですが(笑)

 

それはそれとして。ぎんときくんは今、長期の出張に来ています。

普段の生活でコンビニを利用する機会ってとても多いのですが出張となるとコンビニへの依存率の高いこと高いこと(笑)

 

 

通常買い物する時って商品をレジに持って行って、硬化なり紙幣なりを財布から出し、商品の代価を支払い、お釣りを受取り・・・

そんな一連の作業をしているのではないでしょうか。

 

僕は普段給与の振込先に地方銀行を使っているのですが、夜の9時でATMの取り扱いが終了してしまうんですね(^^;

基本手元にあまり多くの現金を置かないのでマメに引き出すのですが、今回の出張は最初から三時間の残業が決まっていました。

仕事を終え、出先から宿泊先に向かって出発→途中でコンビニを経由するという決まったルーチン。

 

三時間の残業を終えると夜の八時を軽く過ぎます。

最寄りのATMとなるとコンビニしかない。もしかすると取り扱い時間が過ぎてしまってATMでの出金が出来ない事態になるかも?

 

すると現金が手元に無い=お昼ご飯がコンビニで買えない・・・

なので今回は現金を持たず通信系のカードにチャージして、それで決済しようと決めました。

請求は翌月の通信料とまとめての支払いです。

 

商品をカゴに入れレジで精算します。

「○○○円になります~」カードをピッ!財布は要りません。

お釣りもありません。あるのはレシートのみ。気になるのはチャージされたカードの残金のみです。

 

こうして一週間過ごしてみました。変わった事、気づいた事がいくつかあります。

 

①自販機でコーヒーを買わなくなった

実際僕はブラックのコーヒーや濃い目のお茶が好きで、休憩の度に購入して飲んでいました。

普通にその辺に置いてある自販機はカード決済出来ないものが多いので買えないのです。

結果、あまり飲みたくないのに買っていた事がわかりました。

②買い物をする際、一日に必要なものを必要なだけ買うようになった

自販機などでカード払いが使えないので必然的に朝寄ったコンビニで終業までに「必要なものをリストアップして買う」のが当たり前になります。

一日に2~3本買っていた缶コーヒーがペットボトルのお茶一本に変わりました。

いつも休憩の度に漫然と購入していたんですね。

いわば毎日の生活の中で習慣化しているわけです。

③支払いがスムーズで面倒が無いのに気づいた

支払いの際、「1253円になります」この時の53円、普段なら必ず財布の中身を確認してお釣りが出ないようにしているのですが、カードだとこの必要がありません。

いちいち財布の中身を確認して53円探す必要が無いというのは気楽だと感じました。

 

 

支払い方法を変えただけで自分が普段、どこでどんなお金の使い方をしているのか、不要なものを買っているのかが解るようになります。

更に踏み込んで考えてみると普段何気なく気軽に立ち寄っているコンビニって実は無駄遣いのパラダイスなのではないか?なんて穿った見方もしてしまいました。

多いときには日に何回も立ち寄ってしまいますものね。

仕事帰りにコンビニに立ち寄るのをやめる!これも一つの節約術なのかも知れませんね。

 

おっと、意外に庶民的なぎんときくんを露呈してしまったぜ(笑)

 

では(o・・o)/~


Also published on Medium.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。